結婚式から二次会まで様々な専門業者│お祝いプロフェッショナル

最適な出産内祝い

内祝いの知っておくべきマナー

でも出産後は赤ちゃんのお世話に追われて、とても落ち着いて対応できる状態ではなくなるため、出産前から出産内祝いのことを調べておく必要があります。 まず、出産内祝いを贈る時期は産後1〜2ヶ月以内が一般的です。金額は、いただいたお祝いの半分〜3分の1くらいの物をお返しするのがマナーです。 また、せっかく時期も金額も気を付けて贈っても「のし」や「包装」がない状態で届くと、不愉快な思いをされる方が多いので、贈り方にも気を付けた方がよいです。そして「のし」に赤ちゃんの名前を入れるのですが、当て字など読みにくい漢字の場合は振り仮名を付けるのがお勧めです。

好きな物を選んでもらえる贈り物

出産内祝いに何をお返しするか随分悩まれると思います。 よく聞くのは「タオルのセット」や「バスマット」などです。 しかし、趣味に合わないデザインの物をいただいても、結局使わないまま片付けられてしまいます。 ところが今は、カタログギフトというものがあり、出産内祝いを受け取った人がカタログの中から好きな商品を選ぶことができるので「趣味に合わない」と悲しまれることが少なくなります。 また、お返ししたい金額によってカタログを選ぶことができるので、友人から親戚、会社の上司など幅広く贈ることができます。メッセージカードもほとんどの場合、オリジナルメッセージを入れて無料で添えてくれますが、中には写真付きのカードで贈ってくれるところもありますので、お好みのカタログギフトを探してみるのもよいです。